スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀の茨考察まとめ。


気付くとだいぶ前回の記事から日数が経っていました。
どうもりばいばーです。


もうすぐ自分のメインデッキのシャドパラEBが発売するので最近までお世話になってた銀の茨の現環境考察など。


まず自分が銀の茨使ってる理由ですが、基本的に自分は右手が弱いんで
トリガーめくれる確率を効率よく上げれるエミールと言うカードが使えるからでした。
それとルキエによる除去耐性や盤面構築のしやすさ、テクニカルな動きが出来る所に魅力を感じます。
イラストもカッコイイのが多いのが良いですよね。

銀の茨を構築する上で恐らくキーカードとなるのはやはりゼルマと言うカードの存在でしょう。
このカードがソウルにあるだけでアナマリチカで1ライン構築し直す事が可能になり
CB1で相手のガード値を10k削る事が出来るのはやはり強いです。
正直ゼルマにライド出来るだけでグンと勝率が上がります、更にV裏にアナが置けると更に倍です。
G2だとライオンライドでRマリチカV裏アナとか出来るとゴリゴリガード値削れます。
この段階でガード値削れればG3のアタックが通しやすくなるので更にV裏アナの価値が上がります。
逆を言えばこちらも速攻をかけているので手札にガード値を抱えることが難しいため諸刃の剣な一面もあります。
序盤に点数を重ねる事に焦点を置いて、相手が仕掛けてくるまでのターン数を稼ぎ
相手が仕掛けた後(又は仕掛けるに至る前にお互いに4点以上)で手札が枯渇気味な所を
ルキエorヴィーナスルキエでパンプしたライオンで殴り抜けましょう。覚醒で起こせば勝ちは目前!


さて基本的な事は以上の通りで、現在のレギオン環境によってどの様に構築に変更を加えたかなど書いていきます。

イリナ→ブリージング・ドラゴン(ケイ互換)
レギオン環境以前はお互いに高火力が出せるのがLB後だった為、イリナでソウルの質を高める事が可能でしたが
レギオンにより序盤から高火力Vが殴る環境になったので序盤に点数重ねる事を優先しケイ互換を採用。
ただ以前よりはソウルの質が落ちたので決め手に欠ける事もあったりします。
例えばパンプRライオン二体の状況もなかなか難しくなったり。
しかしG2までに稼げる点数は飛躍的にアップしました。相手G2に覚醒含めて殴れるのは魅力。

構築の部分ではその位かなぁと思います。
後は大体前環境から変わらない感じで、デッキレシピは色々な事情により割愛w
対シングや対ライザー用のプレイングもあるんですが、記事にすると説明が大変なので
また機会があれば書かせていただこうかとw



と題名の割に中身の無い感じでしたが、少しでも銀の茨に興味持っていただければと思います。
正直全部書いてたらキリがない程、奥が深いデッキテーマだと思います。


では今回はこの辺で。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。